善玉菌は複数いる

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

腸善玉菌を増やしていくことは、便秘解消のポイントになりますが、いつでも増殖してくれるわけではなく、オリゴ糖のような餌になる成分の摂取量にも関係してきます。オリゴ糖は、あまり摂りすぎるのは、おなかをくだすことになり、逆効果を生んでしまう場合がるのは覚えておかなければいけません。

善玉菌を増やし便秘解消を図る場合、1日5g以上10g以下のオリゴ糖を摂取するといいといわれています。ただし、いきなり量をとるのではなく、少しずつ増やして体が慣れてくるようにすると安全です。それも1回で摂るのではなく、少しずつ時間をかけてとるのもいいでしょう。タイミング的には、何時といったことはありません。ただし、できるだけ効果を継続させるためにも、何度かに分けるのが一番です。

善玉菌にもいろいろとあり、種類によって、オリゴ糖のような餌の種類も異なります。餌になるオリゴ糖もひとつの種類だけでは、自分の腸内にいる善玉菌とあわない場合が問題です。こうなると効果を感じにくくなってしまいます。人によって違いがあるからですが、できれば複数のオリゴ糖を摂取して善玉菌が増えていくようにすると、便秘解消のために効果を上げやすくなるのは間違いありません。