善玉菌が少なくなると

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

善玉菌が少なくなると、なぜ便秘になるのかという事実から考えていくことが必要です。腸内のバランスが重要で、悪玉菌の量が増えてしまい、善玉菌が押されていくと、日和見菌も悪玉菌のほうへつくことになり、バランスが壊れていきます

野菜悪玉菌が増える理由はいろいろとありますが、野菜類や果物の食物繊維が減ってしまうことで、脂肪分の多い食事となるでしょう。これが悪玉菌の増殖に関与しています。腸の働きも鈍くなり便秘になりやすくなりますが、たんぱく質や脂肪分を利用して悪玉菌が増えるからです。抑制も効かなくなり、どうしても悪玉菌の増殖に傾いてしまうようになります。

悪玉菌は、酸素を利用して活発に活動しますが、酸素の代わりに有毒ガスを算出する性質も問題です。これが悪臭のもとになりますが、発がん性のリスクまで高めてしまうのですから、便秘どころではありません。

実際に便秘になると、イライラが募るようになるでしょう。悪臭を放つ物質も血液中に取りこまれてしまい、大衆に影響を及ぼすケースもあります。臭いが出なくても、肌荒れを起こす可能性は十分にあり、影響は体全体に及びます。善玉菌が少なくなるだけでも、これだけの影響が出てくるのですから、オリゴ糖を摂取しながらコントロールすることも必要です。